かな・日本語入力


MSX は当時としては多彩な入力方法が搭載されています。

MSX ならではの特徴もあります。


かな入力の方法


MSX には3種類の入力方法があります。

  • JIS 入力 (文字部分は現在主流の JIS 配列キーボードに同じ)
  • 50音入力
  • ローマ字入力 (MSX2 以降)

JIS と 50 音は機種によって異なります。
&HFCAD 番地が 0 だと 50 音、0 以外だと JIS になります。
(例えば POKE &HFCAD,1)

 

CAPS OFF で  ひらがな、CAPS ON で カタカナ 入力です。

(MSX は ひらかな が存在していました)

ただしデフォルトのフォントでは SCREEN 0 だと ひらがな の一部が欠けます。

MSX2+ 以降では SCREEN 0 の考慮でひらがなのフォントが変更されています。

 

50音入力

50 音入力はパソコンの初心者向けに一部の MSX で採用されていた配列です。
下の割り当てとなっています。

あ 1 い 2 う 3 え 4 お 5
か Q き W く E け R こ T
さ A し S す D せ F そ G
た Z ち X つ C て V と B
な 6 に 7 ぬ 8 ね 9 の 0
は Y ひ U ふ I へ O ほ P
ま H み J む K め L も ;
や N   ゆ M   よ ,
ら - り ^ る ¥ れ @ ろ [
わ .   を /   ん _
「 SHIFT+[   ー SHIFT+:   」 SHIFT+]
、SHIFT+.   。 SHIFT+/   ・ SHIFT+_

※ SHIFT を押しながらで小文字が入力できます。
  CAPS を ON にするとカタカナになります。

※ 日本語版 MSX の場合、\ の文字は存在しません。
  (92・&H5C には ¥ が割り当てられています)

 

JIS 配列は \ 以外の記号を含めて
現在の Windows・Apple Keyboard の日本語キーボードと共通です。

 

ローマ字入力

MSX2 以降では、SHIFT を押しながら かな キーを押す事で
ローマ字入力が可能です。

MSX-JE が搭載されている場合、
日本語入力ではローマ字入力への変更方法が異なります。(下項目参照)

MSX-BASIC(含む漢字 ROM・MSX-JE)での変換は次のとおりです。
(Thanks by Kazuhiko)

あ A い I YI う U WU え E お O
か KA き KI く KU け KE こ KO
さ SA し SI SHI す SU せ SE そ SO
た TA ち TI CHI つ TU TSU て TE と TO
な NA に NI ぬ NU ね NE の NO
は HA ひ HI ふ HU FU へ HE ほ HO
ま MA み MI む MU め ME も MO
や YA   ゆ YU   よ YO
ら RA り RI る RU れ RE ろ RO
わ WA   を WO   ん NN N★
が GA ぎ GI ぐ GU げ GE ご GO
ざ ZA じ ZI JI ず ZU ぜ ZE ぞ ZO
だ DA ぢ DI づ DU で DE ど DO
ば BA び BI ぶ BU べ BE ぼ BO
ぱ PA ぴ PI ぷ PU ぺ PE ぽ PO
ぁ LA ぃ LI LYI ぅ LU ぇ LE LYE ぉ LO
    っ ☆    
ゃ LYA   ゅ LYU いぇ YE ょ LYO
  うぃ WI   うぇ WE  
きゃ KYA きぃ KYI きゅ KYU きぇ KYE きょ KYO
しゃ SYA SHA しぃ SYI しゅ SYU SHU しぇ SYE SHE しょ SYO SHO
ちゃ TYA CYA CHA ちぃ TYI CYI ちゅ TYU CYU CHU ちぇ TYE CYE ちょ TYO CYO CHO
てゃ THA てぃ THI てゅ THU てぇ THE てょ THO
にゃ NYA にぃ NYI にゅ NYU にぇ NYE にょ NYO
ひゃ HYA ひぃ HYI ひゅ HYU ひぇ HYE ひょ HYO
ふぁ FA ふぃ FI FYI   ふぇ FE FYE ふぉ FO
ふゃ FYA   ふゅ FYU   ふょ FYO
みゃ MYA みぃ MYI みゅ MYU みぇ MYE みょ MYO
りゃ RYA りぃ RYI りゅ RYU りぇ RYE りょ RYO
ゔぁ VA ゔぃ VI ゔ VU ゔぇ VE ゔぉ VO
ぎゃ GYA ぎぃ GYI ぎゅ GYU ぎぇ GYE ぎょ GYO
じゃ ZYA JYA JA じぃ ZYI JYI じゅ ZYU JYU JU じぇ ZYE JYE JE じょ ZYO JYO JO
ぢゃ DYA ぢぃ DYI ぢゅ DYU ぢぇ DYE ぢょ DYO
でゃ DHA でぃ DHI でゅ DHU でぇ DHE でょ DHO
びゃ BYA びぃ BYI びゅ BYU びぇ BYE びょ BYO
ぴゃ PYA ぴぃ PYI ぴゅ PYU ぴぇ PYE ぴょ PYO

※ X は「ー」に割り当てられています。
  そのため小文字 1 文字は L~ のみ有効で、X~ は入力できません。

※ VA・VI・VU・VE・VO を日本語入力のひらがなで入力した場合、
  意図しない表示になる場合があります。

★「ん」は NN 以外に N の後に Y 以外の子音を続ける事で入力できます。

☆「っ」は N 以外の子音を 2 つ続けて入力できます。
  LTU・LTSU では入力できません。


日本語入力

漢字 BASIC や漢字 MSX-DOS2 などは漢字を含めた日本語入力ができます。

MSX-JE の有無によって入力方法が異なり、

ある場合は連文節変換、ない場合は単漢字変換となります。

 

漢字 BASIC では CALL KANJI(0〜3) で入り、

CTRL+SPACE または GRAPH+SELECT で
日本語入力 ON・OFF の切り替えを行います。

(Windows などの IME も Ctrl+Space で IME ON・OFF 割り当てになっていて、

  IME が反応してしまう場合があります。設定により改善できる場合があります)

いずれも入力中の文字や変換候補は画面下に表示します。
KEY ON の場合はファンクションキー表示と切り替わって表示されます。

ワープロソフトなどを内蔵している機種では、
内蔵ソフト使用時は異なる動作の場合があります。

 

MSX-JE (連文節変換)

今の日本語入力に近い入力方法です。

Panasonic・SONY での割り当ては
下記ですが、環境によって
キー割り当てが異なります。

  • SPACE - 変換・次候補
  • SHIFT+SPACE - 前候補
  • F1 - ローマ字・英数切り替え
  • F2 - 全角カタカナ変換
  • F3 - 半角カタカナ変換
  • F4 - JIS コード変換
    (4桁入力→F4)
  • F5・RETURN - 確定
  • かな - ローマ字・かな切り替え 

 

単漢字変換

MSX2+ でも SANYO は
この入力方法でした。

1文字分の読みを入力すると
候補を表示されます。

それ以外は
ひらかな・カタカナ入力に近いです。

  • かな - かな・英数切り替え
  • SHIFT+かな - ローマ字切り替え
  • SHIFT+入力 - カタカナ入力
  • SPACE - 次候補
  • 矢印 - 選択

画面モード


WIDTH で横の文字数を設定できます。
0・2 では半角文字も漢字 ROM のフォントを採用します。

インターレースによって縦幅を2倍にします。
エミュレーターでは正常に表示できないかもしれません。

  • CALL KANJI(0) - 半角32/64文字
  • CALL KANJI1 - 半角40/80文字
  • CALL KANJI2 - 半角32/64文字・インターレース
  • CALL KANJI3 - 半角40/80文字・インターレース

※ CALL は _ に置き換える事ができます。(例えば _KANJI3)0 は省略できます。
 

その他 漢字モードの注意事項

漢字モードでは CLS を使用できません。
代わりに CALL CLS(_CLS)を使用して下さい。


National・Panasonic 内蔵ワープロ機能のローマ字入力


National・Panasonic 製 MSX の一部に内蔵されていたワープロ機能では、
MSX とは異なる独自のローマ字入力を採用しています。

 

() は MSX1 のワープロ・パソコンでは存在せず、
MSX2+・turbo R のワープロ機能で使用できます。

(Thanks by Kazuhiko and Max Privrat)

あ A い I う U WU え E お O
か KA CA き KI く KU CU QU け KE こ KO CO
さ SA し SI SHI す SU せ SE そ SO
た TA ち TI CHI つ TU TSU て TE と TO
な NA に NI ぬ NU ね NE の NO
は HA ひ HI ふ HU FU へ HE ほ HO
ま MA み MI む MU め ME も MO
や YA   ゆ YU いぇ YE よ YO
ら RA LA り RI LI る RU LU れ RE LE ろ RO LO
わ WA ゐ ヰ WI を WO ゑ ヱ WE ん NN N★
が GA ぎ GI ぐ GU げ GE ご GO
ざ ZA じ ZI JI ず ZU ぜ ZE ぞ ZO
だ DA ぢ DI づ DU で DE ど DO
ば BA び BI ぶ BU べ BE ぼ BO
ぱ PA ぴ PI ぷ PU ぺ PE ぽ PO
ぁ (XA) △ ぃ (XI) △ ぅ (XU) △ ぇ (XE) △ ぉ (XO) △
ヵ (XKA) ☆   っ (XTU) ★△ ヶ (XKE) ☆  
ゃ (XYA) △   ゅ (XYU) △   ょ (XYO) △
ゎ (XWA)        
きゃ KYA きぃ KYI きゅ KYU きぇ KYE きょ KYO
くゎ QWA KWA QA くぃ QWI KWI QI くぅ QWU KWU くぇ QWE KWE QE くぉ QWO KWO QO
しゃ SYA SHA しぃ SYI しゅ SYU SHU しぇ SYE SHE しょ SYO SHO
ちゃ TYA CYA CHA ちぃ TYI CYI ちゅ TYU CYU CHU ちぇ TYE CYE ちょ TYO CYO CHO
つぁ TSA つぃ TSI   つぇ TSE つぉ TSO
てゃ (THA) てぃ (THI) てゅ (THU) てぇ (THE) てょ (THO)
にゃ NYA にぃ NYI にゅ NYU にぇ NYE にょ NYO
ひゃ HYA ひぃ HYI ひゅ HYU ひぇ HYE ひょ HYO
ふぁ FA ふぃ FI   ふぇ FE ふぉ FO
みゃ MYA みぃ MYI みゅ MYU みぇ MYE みょ MYO
りゃ RYA LYA りぃ RYI LYI りゅ RYU LYU りぇ RYE LYE りょ RYO LYO
ヴァ VA ▲ ヴィ VI ▲ ヴ VU ▲ ヴェ VE ▲ ヴォ VO ▲
ぎゃ GYA ぎぃ GYI ぎゅ GYU ぎぇ GYE ぎょ GYO
ぐゎ GWA ぐぃ GWI ぐぅ GWU ぐぇ GWE ぐぉ GWO
じゃ ZYA JYA JA じぃ ZYI JYI じゅ ZYU JYU JU じぇ ZYE JYE JE じょ ZYO JYO JO
ぢゃ DYA ぢぃ DYI ぢゅ DYU ぢぇ DYE ぢょ DYO
でゃ (DHA) でぃ (DHI) でゅ (DHU) でぇ (DHE) でょ (DHO)
びゃ BYA びぃ BYI びゅ BYU びぇ BYE びょ BYO
ぴゃ PYA ぴぃ PYI ぴゅ PYU ぴぇ PYE ぴょ PYO
ぶぁ VA ▲ ぶぃ VI ▲ ぶぅ VU ▲ ぶぇ VE ▲ ぶぉ VO ▲

★「っ」は子音を続ける事でも入力できます。

☆「ヵ」XKA・「ヶ」XKE はカタカナのみ有効です。

▲ VA・VI・VU・VE・VO はひらがな・カタカナで変換が変わります。

△ MSX1 のワープロ・パソコンでは
  SHIFT を押しながら入力して小文字の入力が可能です。