RUN(プログラムローダ)


 

ディスクに RUN というファイル名で保存しておき、
[SHIFT]+[F2][F5][F5] で起動します。
カーソルキーで動かして、スペースキーでプログラムを読み込み実行!
ポート1のジョイスティック対応です。これだけの BASIC でここまでできます!

プログラムではディレクトリ選択時を考慮してませんが、
少し追加・変更すれば対応できます。

頭にディレクトリを表示するため、Y=1 となります。

 

WebMSX でプログラム実行 

→ このページのプログラムを一覧しています。
  実行後 Shift+F2→F5→F5 でローダが実行されます。